通販で買えるカマグラなどのジェネリック医薬品って何?

ジェネリックの研究風景通販で買えるカマグラなどのジェネリック医薬品。

最近では、テレビや雑誌など様々な場所で見たり聞いたりする言葉ですが、このジェネリック医薬品というのは、実際にどういったものなのでしょうか?

同じ成分で同じ効果を期待できるって言うのは完全にコピー品じゃない?という疑問を持つ人もいるでしょう。

 

実は、コピー品と言ってもあながち間違いではありません。

そうなると、ここで問題になってくるのがコピー品って作って大丈夫なの?という事だったり、使って大丈夫なのっていう事でしょう。

 

医薬品の世界では、コピー品は認められています。

とはいっても、全く同じ見た目やパッケージなどで作ることはダメですが、オリジナルの薬を作った製薬会社とは別会社がそのオリジナルの薬を研究して、同じ成分で薬を作って販売することは許されているのです。

 

ですが、コピー品をむやみやたらと作ることもできません。コピー品を作るのを制御しているのが特許の存在です。

新しく薬を作っても、コピーがすぐに作られてコピーの方が安いとなれば、新しく薬を作っても元が取れなくなりますし、そうなると新しい薬を作る製薬会社もなくなってしまいます。

 

そこで、新しく薬を作ってその薬が厚生労働省の審査を通過して承認を得られると、一定期間の特許が与えられます。

この特許期間は、他の製薬会社はコピー品を作って販売することはできなくなるので、その間はずっと新しい薬を作った製薬会社の独壇場となります。

 

そのため、他に競合がいないので価格設定を強気に設定したりすることも出来るわけです。

ですから、ジェネリックの元となっている薬の価格が高いわけです。

カマグラとバイアグラ。

バイアグラがオリジナルの薬なので高いわけですね。

しかし、オリジナルの薬が高くなるのは必然とも言えます。

その理由は、薬を開発するためのコストです。

製薬会社が新しい薬を1つ作り上げるのにかかるコストは数十億円と言われています。

それだけでも、莫大な金額ですが数十億円をかけた上で、研究機関としても数十年かかるというケースもあります。

更に、新しく薬を作っても副作用などが原因で、厚生労働省から承認を得られないケースもあります。

当然、承認が下りなかった薬は、販売することもできないのでそれまでにかかったコストは全て水泡に帰すわけです。

それほど、新しい薬の研究開発は過酷であるからこそ、特許が認められているわけですね。

 

そして、その特許期間が終わって、他の製薬会社がオリジナルの薬を研究して同じ成分や同じ製法で作り上げたコピーがジェネリック医薬品なのです。

ですから、コピー品といってもいわゆるブランドのコピー品というような悪いコピーではなく国からも作ることを認められている同じ効果を期待できる薬になっているので、少しでも薬にかかる費用を抑えたいという場合は、ジェネリックを活用しましょう。

 

カマグラ通販を利用するならこちら

カマグラのパッケージ

バイアグラジェネリックとして登場したカマグラ。

安さだけでなく、様々なタイプのカマグラが登場しており多くの人に愛されています。

自分の勃起力に自信がなくなってきた。そうした時に利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

カマグラの購入はこちら